オーダー家具の3rd -your life style shop-
2022.01.14

落ち着きのあるリビングダイニング

お引越しに伴いリビングダイニングの家具をお探しでご来店のM様
当初は収納力重視でご検討されていましたが、新居はリノベーションを行う予定の為、そちらで収納スペースを確保されることになり、家具はボリュームを抑えたシンプルな設計で進めさせていただきました。

こちらが最終イメージ↓
サイドボードとテレビボードの間の隙間には空気清浄機を設置される予定とのこと。


家具設置前のリビングダイニング。これからこの空間に家具を設置していきます!


徐々に設置されていく家具たち。
3rd家具職人はその場で臨機応変に対応してくれ、毎度心強いです!

下の写真は椅子をお届け前の写真

格子扉のシンプルながらこだわったテレビボード、
ダイニングボードは下段を見せない収納に、上段はオープンスペース部分と飾り棚としても使えるガラス戸棚部分を設けました。
異素材のガラスを中の棚板にも使用したことで、一気に軽さが出ます。
下段と上段の幅を変えると圧迫感も軽減され、後ろに見えるグレーのアクセントクロスがウオールナットの家具を一段と引き立ててくれます。

家具が納まると一気にお部屋らしい空間になりました。

下の写真は後日、椅子をお届けしたときの写真です。人気の椅子の為、椅子のみお届けをお待たせすることになってしまいました。

これでダイニングセットの完成!
こちらの椅子は人気のpepe chair。
徳島にある「宮崎椅子製作所」様にて製作された椅子です、
とても軽くて移動しやすい、けれど椅子を専門に作られているだけに構造もしっかりと安定しているので、とても人気のある椅子なのです。
男女問わず、ゆったりした座り心地も人気の一つ。

M様、お忙しい中、お付き合い頂きありがとうございました。
使いやすい空間になっていますでしょうか??

皆様と寄り添いながら作っていく3rdのオーダー家具。
お部屋ごとのレイアウトなど、お困りごとがございましたら何時でもお気軽にご相談くださいね。
最後までご覧いただきありがとうございました。

【AFFBLE DINING TABLE:W1600×D800×H700】
【PEPE ARM CHAIR:W535×D550×H770/SH435】
【DINING BOARD:W1800×D450×H2100】
【TV BOARD:W1550×D450×D450】
※樹種全てブラックウォールナットrd

2022.01.07

ナチュラルインテリアに馴染むベンチ

新築を機にベンチを探されていたO様
既製品はなかなか要望に合わず、ピンとくるものがないとのことで来店くださいました。
写真はそのO様邸に納品させて頂いたベンチです。

ベンチや椅子は身体を預ける家具ゆえ、強度が最も必要となり構造に気をつけて設計しなければなりません。
微妙な角度や高さで座り心地がぐんと変わる、設計には最も気を遣う家具の一つです。
それらを考慮しつつ、ご希望のイメージ、サイズなどをお伺いし設計製作いたしました。

樹種は、すでにお決めになられていたダイニングテーブルに合わせオーク材のウレタン仕上げ、ベンチ座面はメンテナンスしやすいaquacleanのカラブ、色はキッチンの壁とカウンタータイル壁の色を考慮してライトグレーをお選びに。

この優しい色の組合せがO様ご家族の雰囲気にピッタリで大正解!

お選びになったaquacleanとは、目に見えない分子皮膜で覆われ、汚れが生地に浸透するのを防ぐ特徴のある生地で、ワイン、チョコレート、泥など一度ついてしまったら最後、完璧に落とす事のできない汚れも、わずかな水で落とす事のできる画期的な素材です。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭やペットを飼っておられるご家庭には特にオススメ商品☆
O様にも小さなお子様がいらっしゃるので、汚れを気にすることなくお使い頂けますね。

ライトグレーのアクセントカラーを使ったキッチン壁、それと同系色の座面、カウンタータイル壁のベージュとオーク材、白い壁に白い幅木・・・
全て淡い配色で見事にコーディネートされた北欧を感じさせるO様邸
ナチュラルでありながら暖かみも感じさせるインテリアに、元からあったかのようにベンチは空間に溶け込んでいます。
これこそオーダー家具だからこそできること・・・

テーブルや他の家具が揃ったリビングダイニングも見てみたい!
そんなO様邸でした。
ありがとうございました!

特注背もたれ付ベンチ 1800×515×780 SH430

2021.12.14

本革の赤いソファが目を引くゆとり空間


ソファの買い替えをご検討で来店くださったM様
上の写真はお届け時の写真です。

本革の赤が今後どんな風に味わい深く変化していくのか、とても楽しみな存在感のあるソファ「LATTICE」。
M様宅にステキにマッチしています。

ご来店の際お試しされながら商品を絞られ、第一希望となったのは、しっかりとした座り心地の座面高が少し高めに設定された「Sofa LATTICE」でした。
木枠は細めでシンプルなデザイン。座面には体圧分散素材『レスピール』という素材を使用し、身体にかかる圧力を散らして局部にかかる負担を和らげてくれる特徴があります。
また、背クッションにはポリエステル綿100%の『シリコンポラック』を使用しており、こちらは羽毛のように軽くて柔らか。疲れた身体を優しく包み込んでくれます。
ご家庭で水洗いもでき衛生的なので、動物アレルギーのある方にもオススメなソファです。



M様ご自宅はリビングが2Fにあり、お届け前は二人掛用ソファ1台と1人掛用ソファ2台をL字に配置されていました。
買換えのタイミングで、既存ソファと同じサイズで良いのか等々、確認のご希望もあり採寸に後日訪問させて頂く事に。

現調後、サイズは2人掛けの通常サイズW1760と、特注サイズW1500の2台をL字に配置する事に決定しました。
張地は耐久性の良い本革を、色はお部屋のアクセントにもなる赤をお選びに。
圧迫感を感じさせないゆとりのある空間、日当たりのよいリビング、赤いソファに気分も上がります。

搬入時、間口がギリギリでヒヤッとする場面もありましたが、無事に納めることができ一安心。

ソファの設置後、M様より今度はダイニングテーブルのご相談をいただきました。
快適な空間へのお手伝いは続きます。
M様、ありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します!

【Sofa LATTICE 2P : W1760×D800×H800】
【Sofa LATTICE 特注 : W1500×D800×H800】

2021.12.06

1台3役のサイドボード

3~4年前にテーブルや椅子、照明などをご購入くださったF様。
テーブル、椅子のブログはこちら※2番目に紹介しています

照明のブログはこちら

お引越しのため、以前取り付けた照明を新居に付け替えて欲しいとご依頼があり、その際、新居の壁に収納が欲しいとご相談を受けました。

こちらが製作させていただいたサイドボード(↓)

設置場所は、幅4.3m、上部に腰高窓のある壁面。
壁いっぱいに設置のため、長さのあるサイドボードです。

このサイドボードには、

「ワークスペース」
「お気に入りの食器などを収納する飾り棚スペース」
「外から中身が見えない色々仕舞えるスペース」

これら3つのスペースがあることがF様のご希望でした。

そこでご提案させて頂いたのがこちら(↓)

シンメトリーのテーブルの配置や生活スタイルを元に、開き扉、引出し、ガラス引戸など勝手のよいものを取り入れ、バランスを考慮しました。

長さがあるため、4分割構成で製作しています。

まず、向かって左側のワークスペース。
デクスはスライドトレーとし、使わない時はノートPCやキーボードを仕舞えるようにしました。
これで常にスッキリした印象を与えることができます。
下の引出しはA4サイズのものがピッタリ納められる寸法で製作し、整理整頓しやすくなっています。

中央の飾り棚スペースは、ガラス引戸仕様+LEDダウンライトを取り付けました。
その上、中の棚板もガラス仕様!
Wガラス+照明!
これで、中に飾るモノを最大限美しく見せてくれる最強の飾り棚スペースが完成です。
何を飾るか、考えるのも楽しくなりそう!

最後に「外から中身が見えない、色々仕舞えるスペース」をご紹介。

どこのお宅にも付いているコンセント。
この部分はどうしても家具と壁との間に隙間が空いてしまうところ・・・そう諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。
ブログ作成者自身もオーダー家具ならではのこの加工を知るまで、隙間が空いてしまうことを当たり前だと思っていました。コンセント部分を差し引いた寸法の市販の家具を探したり・・・そうなると本当に欲しいものに出逢える確率は相当低くなるわけです。
家具自体に開口してしまうことに戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、もし開口部を塞ぎたいときはご相談頂ければご対応させて頂きますのでご安心を!

引出しはスライド金具を取付け、スムーズに引き出せるように。

下の写真は取付風景の様子
家具を一から製作した弊社工場長が自ら組立や配線を行います。

収納するためだけの家具ではなく、一部にワークスペースがあったり、ワクワクする飾り棚があったりの1台3役のサイドボード。
天板には無垢材を使用し、永く使って頂ける家具が誕生しました。

F様、今回もありがとうございました。

SIDEBOARD W4312×D500×H850

2021.11.19

水槽台と飾り棚のあるやわらかな陽が差し込む空間


以前、ご主人の部屋の本棚とデスクを製作させて頂いたN様。
以前のブログはこちら

その時と同じご主人の部屋の反対面の壁に、水槽台が置けるサイドボードをご検討中とのことで来店くださいました。
その際、お店に展示している格子パネルを大変気に入ってくださり、採用することに。

この格子パネル、板を差し込むだけで飾り棚になるため、ご来店されるお客さまから大変ご好評頂いています。
只、温度、湿度などの環境によって収縮する木の特性ゆえ、板を差し込む際きつくなったり緩くなったりと差し込み辛くなることがあります。その特性をご理解頂き、製作させて頂きました。

下図(↓)はプラン図

向かって右側のサイドボード本体には、水槽を置く上で必要な工夫が施してあります。

まず、家具と壁に隙間をつくらないよう側板に配線孔を設け、パイプや電源が取り回せるように。
また、ごちゃつく配線は構造上厚さをもたせた天板内に収め、天板下端に設けた3口コンセントで見た目スッキリと。
使いやすくもなっています。

水槽は水を入れるとかなり重くなってしまうため、荷重を考慮し外から見えない台輪の中にアジャスターを通常の倍の8個取り付けています。
また、サイドボードの上に厚さ3㎝の天板を後乗せし強度を持たせました。この天板には水に濡れても問題のないウオールナット柄のメラミン化粧板を貼っています。

下の写真は作業風景。
左は、配線ルートを取り、隙間をフィラー処理するところ。
右は、窓枠が干渉する為、天板の長さを現場にて調整しているところです。

完成品がこちら(↓)

天井までパネルを張り詰めると圧迫感が出るため、高さは左隣のドア高さに合わせました。
窓枠との高さにも合っており、全体的な調和が取れています。

左側のオープンボードのコーナーには丸みを持たせて。
出入り口付近にある家具に少し丸みを持たせるだけで、出入りがよりスムーズになります。ケガの危険も最小限に抑えられるように。

掃出し窓には枠内で収まるようハニカムシェードを設置しました。
それまでカーテンをご使用でしたが、枠内に収まるハニカムシェードに換えられたことで空間を有効的に使えるようになり見た目もスッキリしました。
こちらはレースの優しい採光も取り入れることができ、水槽の中の魚たちも安定した環境で過ごせるのではないでしょうか。
また、ハニカム構造により断熱効果が得られ、冬はより暖かくお過ごし頂くことができます。

前回に続き、ご主人様のお部屋がより快適にお過ごし頂ける場となっていれば幸いです。
N様、今回もありがとうございました!

格子/フラットパネル 2705×50×1345
オープンボード 1205×520×710
水槽台 1500×520×710
ハニカムシェード 805×1790